Schoolguide

真颯館高等学校について

真颯館の実績

勉強や部活動など、各方面でマッスグに頑張る真颯館高校。
その頑張る姿勢は高く評価されており、生徒達の自信となり夢に近づくおおきな一歩となっています。
文武にわたり全国・九州へ!!
(令和元年度取材の記事ですので現在の学年とは異なります。)
  • 全国高校総体(インターハイ)に出場して
    自動車科 3年 池田 澪樹さん(池尻中出身)
    3年ぶりのインターハイ(沖縄県開催)。男子団体組手としては初出場。そして、男子個人組手でも出場が決まりました。個人としては出場することも嬉しいのですが、チームとして出場することができホッとしています。しかしまだ、空手部全員の目標である「全国制覇」のスタートラインに立っただけです。全国選抜大会では思うような戦績が残せなかった分、インターハイでは暴れてきたいと思っています。3年生にとって最後の大会です。悔いなく全力を出し切ってきます。
  • 全国総文祭へ
    美術科 3年 木下 美沙希さん(広徳中出身)
    第43回全国高等学校総合文化祭(2019さが総文)美術・工芸部門 デザイン部門に参加する日がいよいよ近づいてきました。毎年本校の先輩方が出場されていて憧れていました。その夢舞台がいよいよ始まるのかとワクワクしています。この作品は2か月かけ、たくさんの羽の細かいパーツを一つ一つ丁寧に根気強く作り上げていき完成させました。この作品と共に2019さが総文に参加します。この大会ではたくさんの作品を見ること、全国の高校生との交流、そしてアニメーションの研修に参加させていただくことなど、楽しみがいっぱいです。福岡県代表として頑張って、そして楽しんできたいと思います。
  • 三度、全国へ
    機械科 2年 江頭 夏生さん(中原中出身)
    福岡県のアイスホッケーチーム(福岡ブレイカーズ)が北海道苫小牧市でおこなわれます第14回全国高等学校選抜アイスホッケー大会に2年連続で出場します。課題としていた瞬発力・スピードも向上し、ディフェンダーとして周りが良く見えるようになったそうです。冬の大会も含め三回目の全国大会となり、「チームとして初の3回戦突破を目標に頑張ってきます」と力強く語ってくれました。
  • 九州大会に出場して
    電気科 3年 主将 森田 拓斗(学業院中出身)
    昨年度、秋季の県大会、九州大会まであと一つ。この一つに勝てなかったことがとても悔しかった。ここからみんなの意識が変わっていきました。
    そして、目指したのは上に上がった時に勝てるチームになること。そのため、練習では質の向上を心掛け、より実践的な総合練習を中心に練習に臨みました。さらに、チームが一丸となり同じベクトルに向かっていたことでとても良い練習ができたことで九州大会まで勝ち上がれたのだと思います。
    九州大会に出場して県大会との大きな違いを体感することができました。まず、観客の多さに驚きました。そして、出場校全体のレベルの高さを感じました。なにより、大会期間中はとても楽しい時間でした。
  • 九州大会、出展決定
    美術科 2年 白根 侑花(植木中出身)・中嶋 凜(角田中出身)
    昨年12月に行われた福岡県高等学校総合文化祭、美術・工芸展の工芸部門で上記の白根さん・中嶋さんが九州大会に推薦され令和2年12月熊本で行われる九州総文祭に出展することが決まりました。「作品名は『猛虎伏草』!どんな題材で作品を作ろうかと相談したとき、二人共通に興味のある題材《戦車》にたどり着きました。日本の古い戦車「74式」をモデルに作品を作りました。ステンドグラスで細かい部分、特にキャタピラづくりがハードでした。失敗を繰り返しましたが根気強く取り組み完成させることができました。九州大会に推薦が決まったときうれしかったのですが、あまり実感がわかず戸惑いました。九州大会での体験を楽しみにしています。」
  • 全国選抜大会決定して
    建築科 2年 髙村 奏一郎(城南中出身)
    2020年3月石川県金沢市で行われる全国高等学校空手道選抜大会に出場します。私が出場する種目は個人組手です。県大会を勝ち上がり全国大会をかけた九州大会でしたが、一戦一戦常に全力で戦うことを念頭に頑張ってきました。そして、念願の全国大会出場の切符を手に入れることができました。とてもうれしかったです。しかし、それは私一人で成し遂げたことではありません。指導してくださった先生方、なにより共に汗を流し、切磋琢磨してきた仲間たちがいてくれたことでこの機会をいただけたのだと思い、感謝の気持ちで一杯です。全国大会では部の目標である全国制覇できるよう、思いっきり暴れてきたいと思います。
    ※「残念ながら本大会は新型コロナウイルスの影響でちゅうしとなりました。」
  • 全国大会、出展決定
    普通科美術コース 1年 岡崎 さくら(中京中出身)
    昨年12月に行われた福岡県高等学校総合文化祭、美術・工芸展のデザイン部門で上記の岡崎さんが全国大会に推薦され令和2年8月高知県で行われる全国総文祭に出展することが決まりました。題名は『蟲』(むし)。高校に入学して初めて経験したCGでの作品作り。先生や先輩から教わり一から勉強したそうです。どのような作品を作るのか考えたとき図鑑で見つけた「イボカブリモドキ」が目に留まりました。大印象は気持ち悪いと思いましたが何とか綺麗に表現してあげたいと思い決めたといいます。制作期間三か月間、毎日コツコツ作業と勉強を繰り返しようやく完成を迎えることができたそうです。全国大会に推薦されたと聞いた時は、まったく実感がなかったのですがだんだん喜びを感じてきたそうです。全国大会も楽しみですが、次の県大会にも出品したいと意欲があり、来年のさらにパワーアップした作品も楽しみです。
コンテストや企画展で堂々の入賞!!
入賞!!
2019年度受賞一覧
●第34回福岡県高等学校総合文化祭 美術・工芸展【福岡県大会】(高文連)
【デザイン部門】全国大会推薦(全国高文祭出品決定)
【工芸部門】九州大会推薦(九州高文祭出品決定)
●令和元年度 人権週間ポスター(北九州市人権推進センター)
・入選 1名 ・佳作 2名
●暴力追放イメージポスター(福岡県暴力追放運動推進センター)
・最優秀賞 1名 ・優秀賞 3名 ・佳作 5名 ・特別賞 6名
真颯館だからできる
学科を越えた資格取得で、
可能性を広げよう
多様な学科を設けた本校では、他学科の資格への挑戦も可能です。
昨今、製造業やサービス業においては、1つの作業や工程だけを遂行する専門特化が一般的でしたが、
1人で様々な業務に取り組める高い柔軟性を備えた人材を育成する動きが徐々に増えています。
資格取得をアピールできる面接の場では、それだけ知識と業務の幅広い人材として捉えてもらうことができます。
資格所得総数、582個!!
※2019年度
2019年度本校生徒が所得した資格一覧
アーク溶接特別教育
ガス溶接技能講習
三級自動車ガソリンエンジン整備士
ハイブリッド車に関わる低圧電気取扱い安全教育
計算技術検定 3級
計算技術検定 4級
建築CAD検定試験 3級・4級
建築製図技術認定試験
建設大工技能検定試験 3級(建築大工)
基礎製図検定
第二種電気工事士
小型車両系建設機械(3t未満)運転特別教育
クレーン運転業務特別教育
玉掛け技能講習
ボイラー取扱技能講習
危険物取扱者(乙種1・2・4類、丙種)
コンピューターサービス技能評価試験(計算部門)3級・2級
コンピューターサービス技能評価試験(ワープロ部門)3級
コンピューターサービス技能評価試験(情報セキュリティ部門)
情報技術検定 2級
情報技術検定 3級
北九州料理検定(1・2・3級)
調理師
日本漢字能力検定(準1・3・4・5・6級)
本校で所得可能な資格
●溶接技術者評価試験(N-2F)
●建築施工管理技術検定2級
●第一種電気工事士
●情報処理技術者試験(ITパスポート)
ページトップへ戻る