真颯館通信 第14号

平成27年 10月 16日(金) 真颯館高等学校教務部

~保護者の皆様へ~

学校長 藤澤佳隆

「真颯館は確実に前進しています。」

 最近、朝夕めっきり涼しくなり、清々しく爽やかな季節となりましたが、日中はまだまだ暑い日が続いています。気温等の変化に注意し体調管理を行い、健康面には十分お気をつけください。

中間試験中に、登校しながら勉強する生徒の姿を多く見ました。一学期にはそのような生徒は少なかったように感じています。素晴らしい姿勢だと思います。生徒に「心のスイッチ」が入ってきたと感じています。この思いを授業や学校全体に広げ、学力向上や学校の雰囲気を変える一歩にしてほしいと思います。

思春期とは、子どもがどんな人生を歩もうとしているのか悩む、自己発見の時期です。高校期になると人生の深い意味を問い、自分は何のために生きているのか、自分はどこに向かおうとしているのかを模索する時期です。将来どんな仕事に就きたいのか真剣に考える時期でもあります。

子どもは何よりも、そんな自分の悩みを親に聞いてほしいと思っています。子どもの話に耳を傾けてください。どんなにつまらない話でも子どもの話を聞いてあげてください。家庭での会話を増やしてください。不安な子どもの心を受け止め、そして、励まし褒めてあげてください。それがこの時期に一番大切なことです。

「子育てワンポイント」(シリーズ1)

  1. 期待しすぎると、子どもは疲れてしまう。
  2. あれもダメ、これもダメと縛り付けると、子どもは嘘をつく。
  3. 子どもの言いなりになると、子どもは自己中心的になる。
  4. 成功体験を与えないと、物事を途中で投げ出す子どもになる。
  5. 約束を破ってばかりいると、子どもはやる気をなくす。

美 術 科
・国民文化祭あくね洋画展
入 選  美術科2年  花田明未子  濱部沙紀  松藤えりか

写 真 部
・福岡県高文祭 写真展(全国大会予選)
電気科3年 神谷諭史「激突」「兄ちゃんと」 百合野秀崇「激走」
調理科2年 吉永高晃「日本最後の見世物小屋女芸人」「金魚屋こもごも」   松本凌弥「相棒」

エントリー数約4000点もの作品の中から、本校4名の6作品が見事一次審査を通過しました。これは北九州地区で1番の成績です。全国大会への推薦がおおいに期待されます!

柔 道 部
・福岡県高等学校新人柔道大会 北部ブロック予選会
<66kg級>
・ベスト8  情報技術科1年  畑田拓輝

<90kg級>
・ベスト8  情報技術科2年  古澤直人

<100kg超級>
・4位    機械科1年  江川裕大  県大会出場決定!!


調理科3年実技テスト
 調理科では調理師国家資格取得のため、専門科目はもちろん実技においても常々試験が行われております。3年生2学期中間考査の課題は「創作パスタ」でした。それぞれ決められた素材の中からオリジナルのレシピを作成し、30種類のオリジナルパスタが出来上がりました!

14-01

14-02

 

避難訓練
 2学期中間考査の最終日に全校避難訓練を実施いたしました。災害は、いつどこで自分の身に降りかかってくるかわかりません。常日頃より緊張感を持って学校生活を送りましょう。

14-03