真颯館通信 第13号

平成27年 9月 30日(水) 真颯館高等学校教務部

 月  日  曜日  行              事
10月1日 足立中学校PTA見学会
3日 第2種電気工事士一次試験
4日 3級自動車整備士国家試験
6日(火)~9日(金) 第2学期中間考査
9日 避難訓練・大掃除
10日 学校見学会
12日 体育の日
13日 冬服完全実施(移行期間延長)  機械科1年生講演会
16日 2年生暴力追放講演会  第2回漢字検定
19日 クラスマッチ
20日 建築科クレーン講習  北橋北九州市長来校(予定)
24日 第3回オープンキャンパス (25日(日)予備日)
30日(金)~31日(土) 福岡県産業教育フェア

 

部活動だより   空手部・ソフトテニス部ともに10月開催の福岡県大会に出場決定!

空手部
・福岡県高等学校空手道新人大会 北部筑豊ブロック予選会
<女子団体形>
・優 勝
井上 結加(普通2)入江さくら(調理2)菊田歩由果(調理2)福嶋 桃香(普通1)松原 香織(普通1)
<男子団体形>
・優 勝
今泉  望(建築2)本村 魁都(普通2)安部 将史(機械1)北代 晃大(建築1)小戝 武蔵(普通1)
<女子個人形>
・優 勝
平野 彩佳(調理2)
・第6位
入江さくら(調理2)
<男子個人形>
・第3位
本村 魁都(普通2)
<女子団体組手>
・優 勝
井上 結加(普通2)入江さくら(調理2)菊田歩由果(調理2)平野 彩佳(調理2)
福嶋 桃香(普通1)松原 香織(普通1)三毛門 歩(普通1)
<男子団体組手>
・優 勝
今泉  望(建築2)本村 魁都(普通2)安部 将史(機械1)北代 晃大(建築1)
小戝 武蔵(普通1)淵江  仁(建築1)松田 健稔(機械1)
<女子個人組手>
・優 勝
入江さくら(調理2)
・第2位
菊田歩由果(調理2)
・第3位
平野 彩佳(調理2)
・第4位
井上 結加(普通2)
<男子個人組手>
・優 勝
北代 晃大(建築1)

ソストテニス部
・福岡県高等学校ソフトテニス新人大会 北部ブロック予選会
<団体戦>
・優 勝
森 公祐(自動車2)長菅龍馬(普通2)増田淳孝(電気2)筒井康平(建築2)南野海登(情報2)
西村領晟(普通1)前田翔偉(普 通1)德永悠介(建 築1)
<個人戦>
・第3位
長菅龍馬(普 通2)・筒井康平(建築2) ペア
・第4位
西村領晟(普 通1)・德永悠介(建築1) ペア
・第5位
前田翔偉(普 通1)・南野海登(情報2) ペア
・第6位
森 公佑(自動車2)・増田淳孝(電気2) ペア


 

~保護者の皆様へ~

「この人に注目しました」

学校長 藤澤佳隆

 最近のスポーツ界では、全日本ラグビーが南アフリカに勝ち大金星をあげ、また全日本バレーが、世界一のロシアに2セットを取り、大活躍をしました。

そこで、全日本シンクロナイズドスイミングの井村雅代ヘッドコーチに注目してみました。日本のライバルである中国を鍛え、銀・銅メダルを獲得し、日本チームを悔しがらせました。その後、英国でもコーチを務めチームを鍛え強くしました。今度は日本に戻り、今年の世界選手権モスクワ大会で、8年ぶりに銅メダルをもたらしました。

「勝ちたい」と思う意欲ある選手を育て、その中で強さを本物に変えて結果を出す。こういう人をカリスマコーチというのかもしれません。「次の一つができたら、また、次の一つ」「スポーツには完璧はなく、その一つが永遠続く」とある雑誌に述べています。

生徒が「授業がつまらない」「授業が分からない」「授業が面白くない」時、生徒の「意欲」がそがれる時です。どうしたら学習意欲を持たせるかは、常に教師を悩ませます。カリスマではない教師の力に限界もあります。ある定時制の校長が、「言葉の力が必要な生徒が多い定時制では、指導が追い付かず、手のひらからこぼれ落ちていくように中退する生徒がいる。」と無念さを語っていました。環境が整わなければ伸ばせない力もあると考えます。井村さんは、「一流選手でさえ環境と指導が力と意欲の源である。」と語っています。本校は、校舎等の環境は十分とは言えませんが、本校には人的環境という砦があります。井村さんの著書のタイトルの通り『あなたが変わるまで、わたしはあきらめない。努力する心の育て方』『愛があるなら叱りなさい』そんな思いで、人的環境と教育的指導を全教職員で整えていきたいと考えています。今後も皆様のご理解とご支援をお願いいたします。

自動車科 実習前の挨拶

自動車科 実習前の挨拶

調理科 第3回集団調理実習

調理科 第3回集団調理実習


作文コンテスト入賞!

九州国際大学では、九州・山口の高校生を対象に、100文字以内で思いをつづる「Dream100 作文コンテスト」が毎年実施されます。今年のテーマは『あなたが伝えたい「感動」とは』でした。1学期に普通科1年生全員でチャレンジ応募し、結果を楽しみしていましたが、このほど「学校賞」を受賞し、7543作品の中から「入選」に選ばれたといううれしいお知らせをいただきました。

入 選 普通科1年 末松 剛