平成27年 4月 17日(金)
真颯館高等学校教務部

~保護者の皆さまへ~

学校長 藤澤佳隆

 このたび、4月1日付けで、北九州市立篠崎中学校長から「真颯館高等学校」学校長に就任しました『藤澤 佳隆』です。よろしくお願いいたします。

3月と4月は、別れと出会いの季節です。今年度も私たち教職員は新たな気持ちで、自然界の花が毎年咲くのと同じように、子どもたちのため、教職員一同全力で生徒に自分の花を咲かせるため、努力していく覚悟です。よろしくお願いいたします。

8日(水)の入学式で171名の新入生が入学して、2年生 178名、3年生 156名、合計全校生徒505名で、平成27年度がスタートしました。礼儀や秩序・規律を重んじ、挨拶・身だしなみがきちんとできる生徒を第一に考え、生徒が自信と誇りが持てる教育の推進を図るため、努力してまいります。成功するか否かは、われわれ教職員の努力はもとより、保護者の皆様のご理解とご支援にかかっております。保護者、地域住民の皆様から真颯館高校の頭文字の3S「素晴らしい・すごい・最高」と言われるよう努めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

入学式

 校訓
規律・勉学・勤労

 


教育目標
1.充実した基礎学力と確かな技術を身につけた生徒育成。
2.規律と礼儀を重んじ人間味あふれる生活を送れる生徒育成。
3.全体への協力とたくましい行動力を持った健全なる生徒育成。

目指す学校像
 本校のイメージである「HOT」。「鉄は熱いうちに打て」と同じように「夢(ドリーム)」は熱いうちに打てと純粋な熱い若い力・機動力を駆使し、強い手は本校の校訓である「規律・勉学・勤労」と結びつけ、この北九州の基盤を活かし歴史と伝統を誇る21世紀を切り拓く未来のスペシャリストを目指し、『志高き凛とした』学校を目指す。

目指す生徒像
① 礼儀や秩序、規律を重んじ、挨拶、身だしなみがきちんとできる生徒。
② 社会に通用する倫理観や基本的生活習慣を身に付ける生徒。
③ 時間や物、情報を大切にし、自ら考え、判断し思いやりのある生徒。
④ 粘り強く何事にも果敢に挑戦する生徒。
⑤ 次代を担うスペシャリストとして学ぶことの大切さを自覚できる生徒。
⑥ 夢と希望を抱き、志を高く持って実現に向けて努力する生徒。
⑦ 自己を愛し、保護者、地域住民等から信頼される生徒。

話せばわかるとは限らないが、話さなければもっとわからない。
 保護者の間、親子の間での会話を増やしていくことが、家庭づくりのすべての基礎になります。ほんとうは家族で何でも話せる家庭でありたいものです。子どもを新しい家族のメンバーとして迎えて、これからどんな家庭を築いていこうか、どんな子育てをしようかを夫婦で話し合いましょう。日々の会話を増やすには、できるだけ一緒に食事をし、お互いにその日にあったことを話すとか、一緒に家事をしたりスポーツをしたり、また地域のボランティア活動に参加したりする、などの工夫をすることが大切です。


~新入生宿泊研修報告~tuusin01-02

  4月11・12日、大分県の住吉浜リゾートパークで新入生宿泊研修が行われました。特に、心身の鍛練を目的とした「チャレンジ(17kmを完歩する)」は事故、怪我なくゴールし、大いに成果が上がりました。学校生活も気合いを入れて頑張りましょうね