平成30年8月31日(金) 真颯館高等学校教務部

行事予定
8月
・31日(金)第2学期始業式
9月
・16日(日)~ 3年生就職試験開始
・17日(月)敬老の日
・18日(火)月曜日授業実施
・23日(日)秋分の日
・24日(月)振替休日
10月
・7日(日)3級自動車整備士国家試験、第2種電気工事士1次試験
・8日(月)体育の日
・9日(火)月曜日授業実施
・16日(火)~19日(金)第2学期中間考査
………………………………………………………………

<夏の大会報告>

<美術科>
・全国高等学校総合文化祭
美術科2年 野原 美里

 私は8月10日~12日に第42回全国高等学校総合文化祭(長野大会)に作品を出品しました。全国大会では多くの素晴らしい作品が集結しており、どれも完成度が高く勉強になりました。特に印象に残っている作品は、油絵具で描かれたウミガメの作品です。私にはない発想や表現方法で描かれており綺麗なブルーがとても印象的でした。また他校の生徒の方達との交流もあり貴重な経験となる全国大会でした。

………………………………………………………………

<野球部>
・第15回 北九州市内高校新人野球大会
1回戦  真颯館 -3 小 倉 南
2回戦  真颯館 7-2 自由ヶ丘
3回戦  真颯館 7-0 小  倉
準決勝  真颯館 11-0 小倉工業
決 勝  真颯館 1-0 九国大付

………………………………………………………………

ソフトテニス部>
・北部高校生ソフトテニス大会(新人戦シード戦)
個人戦】
<優 勝>
大村 駿介(普通1年)・名和 春樹(機械2年)ペア
<準優勝>
坂本 拓未(電気2年)・瀧内 一清(機械2年)ペア
<第3位>
花田 温輝(電気2年)・羽迫 樹(機械1年)ペア

【団体戦】
<第3位>
坂本 拓未(電気2年) 増田 捷扶(電気2年) 尾崎 龍聖(普通2年) 西村尚泰(普通1年) 上村 匠(機械1年) 槌本光希(普通1年)

………………………………………………………………

速報!!
・空手部 池田 澪樹(自動車科2年)福岡県代表決定
12月8日(土)内閣総理大臣杯 第46回全日本空手道選手権大会(東京武道館)
12月9日(日)天皇盃皇后盃  第46回全日本空手道選手権大会(日本武道館)

………………………………………………………………

<夏休みも頑張りました!>

・「2018夏ボランティア体験学習」参加

美術科3年 石橋 咲

 私は7月24日から26日までの3日間、「サポートセンター門司」という高齢者施設にボランティアに行ってきました。そこでたくさんの高齢者と出会い、話し、とても素晴らしい経験をさせていただきました。特に印象深かったことは、「長生きの秘訣はクヨクヨしないこと!」と教わったことです。いつまでも元気に楽しく過ごしていらっしゃる高齢者の方々から元気をもらい、私もポジティブに明るく頑張っていこうと思いました。

建築科1年 吉松拓海

 僕は今回のボランティア体験学習を終えて、とても楽しく貴重な体験ができたと思いました。特に子どもたちといっしょに遊ぶのは高校生になって初めてだったので、どんな風に遊べばいいのかよくわからなかったのですが、保育園の先生方が教えてくれたり、子どもたちから誘ってくれたので助かりました。子どもたちと遊ぶのは主にブロックや本を読み聞かせることでした。やはり今年の夏は暑いので、子どもたちが熱中症にならないように外で遊ぼうとするのを避けているのかなと思いました。生まれて初めてボランティア活動をして、とても貴重な時間を過ごせたと思いました。

建築科1年 宮川元輝

 僕は8月7日から9日まで、光沢寺保育園にボランティアに行ってきました。3日間という短い期間でしたが、保育園の先生の大変さを改めて実感しました。限られた時間内で各イベントの準備をしたりしていて驚きました。さらにいつも笑顔で、子ども達や保護者にも疲れを全く感じさせずに動いていたので、さすがだなと感じました。

………………………………………………………………

<空手部 「私学展」にて演武披露>

 今年もお盆明けの8月18・19日、「第26回 福岡県私立小・中・高校展 北九州会場」が小倉北区の井筒屋パステルホールで開催されました。北九州・筑豊地区の私立校が一堂に会し、中学生の進路の相談にのったりします。またお客様の往来が多いクロスロードステージでは、制服の紹介や部活動の紹介も行われ、本校からは空手部が演武を披露しました。一般の方が日頃見ることのない形や実践の紹介です。素早い動きや迫力に注目が集まりました。


すくい受け下段掌底抑え


基本一本組手

………………………………………………………………

<「北九州ゆめみらいワーク2018」参加>

 今年で4年目を迎える「ゆめみらいワーク」。北九州市内の企業をはじめ、大学・短大・専門学校などが西日本総合展示場に大集合。地元企業の仕事内容や様々な現場の話を直接聞いたり、上級学校での学びの体験ができるイベントで、毎年夏休みに開催されます。

 本校ではキャリア教育の一環として、8月24日(金)に普通科・美術科1年生、電気科・情報技術科・普通科・美術科2年生が参加しました。自分の将来の進路を見据え、興味関心を持ったブースにそれぞれ赴き、楽しみながら学ぶチャンスとなりました。

………………………………………………………………

<梶 芳正先生「第16回 陶 展」見学>

 本校美術科非常勤講師の梶先生は、陶芸を専門に長年創作活動を続けておられ、本校でも7年前から美術科の生徒にご教授いただいております。

 この夏、16回目となる先生の個展が開かれましたので、美術科の生徒たちが見学に行きました。会場は小倉北区の「UMIE+」というギャラリー。「生命の連鎖」をテーマに、動物たち、オブジェ、陶板、人形などが展示されており、先生のお人柄がにじみ出るような、素朴で温かみのある味わい深い作品ばかりでした。生徒たちもインスピレーションが湧いたのか、その後の夏休みの制作活動におおいにプラスとなったようです。