学校長挨拶

学校法人 真颯館高等学校、絆 つなぎ80年
「夢」に向かって、ここでしかできないこと、ここだからできることがある。

学校長-藤澤佳隆本校は今年度、「創立80周年」の節目を迎えました。 これも皆様の心暖まる御支援のお陰だと感謝申し上げます。 昭和11年に小倉市砂津の地に「九州工学校」として産声を上げ、「九州高等工科学校」 「九州工業高等学校」、更に「真颯館高等学校」へと校名を改称しました。 この80年の間に多くの卒業生を輩出し、国内外の産業界はもちろん、芸術やスポーツ など全国各地で活躍しております。 今後も歴史と伝統を誇り、確かな技術、規律と礼儀、行動力を持った未来のスペシャリ ストを育成することを目指し、これからの社会に貢献できる生徒を暖かく育んでいきたい と思います。 さらに創立90年、100周年先を見据え、この変化の激しい社会の中で先見力を持ち、 本校のすばらしい伝統を引き継ぎ、時代にあった学校創りに邁進し、生徒の「夢」の実現 に向け一層努力してまいります。 人生の目的は「夢」の実現にあります。真心を胸に颯爽と一緒に歩き出しましょう。